プライベートサロンを実現するために、限られたスペースの中で最大限の空間活用できる方法として、一筆書きの様に間仕切りを曲線で描きながらカットブースを区切りました。

間仕切りの高低差や各ブースの形状の見え方によって、それぞれに面白い空間が広がっています。